PICK UP ITEM バックナンバー

  • スナップオン 全自動カーエアコンサービスステーションのオイルフラッシング!
    PSPPS134PRO

    ○今週のピックアップアイテムは、他社のエアコンステーションにはない、オイルフラッシング機能のご紹介です。

    ■オイルフラッシング■
    オイルフラッシングとは、コンプレッサーロック等、エアコンの配管洗浄を行う作業として、エアコンサービスステーション内部で高純度再生されるフロン液を使って車両側の配管内洗浄をする機能です。
    (オイルフラッシングキット2(別売)が必要です)

    オイルフラッシング1(サイクル洗浄)とは、機器につないだ注入ホースより高純度再生された液化フロンガスを注入させ、洗浄する対象物をいわゆる“とも洗い洗浄”を行うものです。

    洗浄が終わった液化フロンガスは抜取ホースからサイトグラスを経て低圧ホースから回収、再び、高純度再生され、機器間を循環します。

    オイルフラッシング2 (バックリターン洗浄)とは、機器につないだ高圧ホース(赤)と低圧ホース(青)の両側より、液化フロンガスを注入 ⇔ 回収設定回数分繰り返し洗浄を行うものです。

    エキスパンションバルブの詰まりの改善を保証するものではありませんが、良い方向 へ向かった報告例もあります。(エキスパンションバルブの部品がもう無いなどの時は、やってみる価値はあると思います。)

    注意!管路内の汚れがひどく徹底して洗浄したい場合は、エキスパンションバルブからピンを外す等の加工をして、フロン液が流れるように工夫してからオイルフラッシング1(サイクル洗浄)を行うようにしてください。

    〇今回は、オートサービスNaKaさんご協力のもと、オイルフラッシング機能を使って洗浄してみました。
    他社製品のステーションには、このオイルフラッシング機能は無く、PSPPS134PROのみに付いているとても優れた機能です。

    〇プレッシャーセンサーからのガス漏れで修理したけど、エアコンが作動しないという、アウディ系には多い現象でオートサービスNaKaさんに入庫してきました。

    〇診断機と圧力チェックでコンプレッサー内部損傷と判断したため、コンプレッサー交換、レシーバー交換、エキスパンションバルブ交換、サイクル洗浄が必要な作業になります。

    〇まずは既存のエキスパンションバルブの内部を分解して、通気出来るようにします。

    今回は、現状を把握してオイルフラッシング1モードを使ってフラッシングを行います。

    設定時間は50分。コンプレッサーの内部からキリコを確認したのと、オイルが入って無い事から念のため追加で20分間行います。



    〇次に、PSPPS134PROのオイルフラッシングキットを車両に接続します。

    〇スタートすると、コンプレッサーの低圧側に戻ってくる時の汚れをこのバルブでろ過する様子が分かります。

    〇エキスパンションバルブは新品に交換致します。


    〇ドライヤーとコンプレッサーも新品に交換し、ガスチャージをして完治しました。

    注意、サイクル洗浄をすると内部のオイル分が無くなってしまいますので、コンプレッサーの内部オイルの管理が必要です。(経験値+修理書で調整)

    また、可変容量コンプレッサーなので、低回転で慣らし運転をしました。

    〇今回は、アウディTTの可変容量コンプレッサーの内部の状態を分解して確認いたしました。


    〇原因は、コンプレッサーのガス不足による斜板とピストンの接合部品の焼き付きによるものでした。


    〇キリコによる、シリンダーの損傷の状態です。内部の大量のキリコも確認できました。

    この状態のままサイクル洗浄をしないで、焼けたオイル、キリコを洗浄しないで新品のコンプレッサーを交換するとまた故障の原因になる為、サイクル洗浄は必ず必要になります!

    動画もぜひご覧ください。


    スナップオン 全自動カーエアコンサービスステーションについては、下記リンクよりご覧ください。
    スナップオン 全自動カーエアコンサービスステーション

    今回、撮影にご協力頂いたオートサービスNaKaさんのホームページです。
    ホームページhttp://www.naka-co.jp/

    『スナップオン伊賀のホームページを見たよ』で、導入記念スペシャルプライスで施工して頂けますので、ぜひお問い合わせください!

    詳しくはツールズショップ伊賀までご連絡ください。


  • Copy right [C] Tools Shop Iga
    ALL RIGHTS RESERVED

    Powered by AK DESIGN STUDIO