PICK UP ITEM バックナンバー

  • スリーエス ペイントファンデーション
    CBPPF9501

    ○今週のピックアップアイテムは、塗装面についた傷を目立たなくさせるスリーエス ペイントファンデーションについてのご紹介です。

    通常はポリッシャーでコンパウンドをかけて傷を目立たなくさせると思います。

    しかし、今回ご紹介するペイントファンデーションは、削らないで仕上げる下地処理剤です。

    ○コーティング直後は、表面も滑らかになっていますので、光沢があると思います。

    しかし、経年劣化でコーティング部分に傷等が入り、そこに汚れなどがたまり洗車傷のような傷が入ってしまいます。

    そこでコンパウンド等で削ってしまうと、技術等に差が出たり、バフ目等の磨きムラが生じたりしてしまいます。

    ペイントファンデーションは、コンパウンドのように表面を削るのではなく、ペイントファンデーション被膜を形成して傷を埋めます。

    論より証拠!まずは実験してみます!

    ○気を付けて洗車していても、どうしても出てしまう写真のような洗車傷。

    ○今回はポリッシャーを使用して実験してみました。

    写真のようにペイントファンデーション少量をスポンジに付けます。

    ○研磨剤は含んでいませんので、ムラが出来たりすることはありません。

    ただし、ポリッシャーの回転数を上げすぎてしまうと熱が発生してうまく施工できませんので回転数は調整してください。

    ○塗りこみが終わりましたら、マイクロファイバークロスで拭き上げてください。

    ○いかがですか?傷による光の乱反射もなくなりツヤツヤになっています。

    ○削るのではなく埋め込むので、より確実に綺麗にすることが出来ます。

    写真のように、光り方が全然違います!

    ボディーコーティングの前処理としてもおススメなスリーエス ペイントファンデーション!

    ぜひお試しください!

    こちらに動画もございますのでご覧ください。



    詳しくはツールズショップ伊賀までご連絡ください。


  • Copy right [C] Tools Shop Iga
    ALL RIGHTS RESERVED

    Powered by AK DESIGN STUDIO