PICK UP ITEM バックナンバー

  • スナップオン TPMSプリセットバルブコアトルクツール

    QDTPMS

    ○今週のピックアップアイテムは、バルブコア(ムシ)の取り外しや高額なTPMSセンサーのバルブコアを正確なトルクで締め付ける、TPMSプリセットバルブコアトルクツールのご紹介です。

    TPMSとは、Tire Pressure Monitoring System(タイヤ空気圧監視システム)の略で、タイヤの空気圧や温度を送信機内のセンサーで直接測定し、その情報を無線で車体側の受信機に送り、ドライバーに異常を知らせるシステムです。

    ○TPMSエアバルブのバルブコア(ムシ)の取り付けの際も規定トルクがあり、トルク管理が必要になります。

    (注意!TPMSバルブはほぼこちらの商品でいけますが、一般のバルブは0.29N.mで、一応トルクの確認が必要です)

    お客様からの情報で、富士へ行った時に、チームのマシンサポートに行った際、そこのメカニックさんが使用していたのを見て知ったそうです。

    エアバルブのバルブコア(ムシ)もトルク管理する時代!エア漏れの原因、バルブステムの変形や破損の恐れがあるので、レース等でも使用されています。

    ○トルクの過不足を避けるために、トルクは4in.lb(0.45N.m)にセットされています。

    バルブコアを締めるとカチンと4in.lb(0.45N.m)でプリセットで空転してくれます。

    新人エンジニアの官能トルクの勉強にもオススメです。

    ○これからタイヤ交換時季がスタートします。

    安全のためにも、TPMSプリセットバルブコアトルクツールを使用してしっかりと管理しましょう。

    詳しくはツールズショップ伊賀までご連絡ください。


  • Copy right [C] Tools Shop Iga
    ALL RIGHTS RESERVED

    Powered by AK DESIGN STUDIO