PICK UP ITEM バックナンバー

  • スナップオン ツールストレージ スポット溶接について
    KRA4107DK

    ○今週のスナップオンピックアップアイテムは、KRA4107DKの商品説明用のツールストレージ(クリアーモデル)、帯広の吉田さん提案により制作された、吉田さんスペシャルでスポット溶接について説明します。

    所有する喜びのあるSnap-onのツールストレージは、プロフェッショナルが使うのに相応しい、高い品質と耐久性を持っています。

    その中でも、今回は一般的なストレージより遥かに多い「スポット溶接」について触れたいと思います。

    ○@ツールストレージ外箱の角には、コーナーガゼットと呼ばれる独自の補強プレートが入り、頑丈にスポット溶接されています。

    ○ツールストレージの外径の歪みを防ぐため、普段は見えない内部に写真の補強部材を追加しています。

    ○Aスクエアコーナーを採用し、スポット溶接も幅広く取り強度を格段にアップさせています。

    ○ストレージ側面部分です。こちらも力の掛かるハンドル固定位置や下部はロアーパネルやモノコック構造をしっかりと支える様に、スポット溶接を過剰なまで施しています。

    ○ストレージ背面部分です。数多くのスポット溶接を入れることにより、ツールストレージ全体の強度を増し、モノコック構造と合わせて耐久性を高めています。

    ○Bキャスター部分は特にスポット溶接を増して強靭に補強しています。

    ○ストレージ底面部分です。普段見えない底面の部分も数多くのスポット溶接で補強しています。

    ○こちらは、ストレージ内部の写真です。もちろん内部もしっかりとスポット溶接を施してあります。

    ○中のパネルは天板とはめ込んでレール部はスポット溶接がしてあります。

    ○パネル下部もはめ込みとレール部はスポット溶接で、キャスター部分は耐久性を上げるため補強板を用いてスポット溶接しています。

    ○中のパネルのスポット溶接は片側計8か所。

    ○トレー部分も抜かりはありません。一般的なストレージとは比べ物にならない位スポット溶接を施してあります。

    ○普段塗装されているため見ることのできない表側も。

    ○本当に棚トラブルが少ない棚で、これだけスポット溶接されていれば、重たいツールを収納しても、棚全体の強度と剛性が上がり、安心して長期に渡って使用可能です。

    ○トレー内側部分です。しっかりと溶接されているのがわかるかと思います。

    ○トレーをロックするピン部分にもスポット溶接を施してあるため、簡単に壊れません。(キーをなくすと大変です!)

    ○トレー裏側部分です。頻繁にトレーを出し入れしても安心して使用できるようにこれだけのスポット溶接を施してあります。

    いかがでしたか?

    普段塗装されていて見ることのできない、スナップオンストレージの高耐久の訳はスポット溶接とモノコック構造にあります。

    大切なツールを守る・収納するために必要なツールストレージ。

    スナップオンのストレージは品質・耐久性が違います!!

    今回はKRA4107を取り上げましたが、クラッシックシリーズやKRLシリーズやエピックシリーズなど、シリーズ別に特徴が有りますので、詳しくはツールズショップ伊賀までご連絡ください。


  • Copy right [C] Tools Shop Iga
    ALL RIGHTS RESERVED

    Powered by AK DESIGN STUDIO