PICK UP ITEM バックナンバー

  • トルクレンチの正しい使い方

    ○今週のスナップオンピックアップアイテムは、意外と知られていないトルクレンチの正しい使い方のご紹介です。

    クリップタイプのトルクレンチを使用する前、または方向を変更した場合は3回くらいクリックすることで設定トルクに近づきます。

    スナップオンのトルク測定器を使用して検証してみます。

    ○トルクレンチ側の設定は50N.mです。
    1回目は、57.2N.mとでました。

    ○2回目は、53.0N.mとなりました。
    だんだん設定値に近づいています。

    ○3回目は、51.4N.mと規定値範囲内になりました。
    このように、プリセットタイプのトルクレンチはトルクを設定して1回目からでは正確なトルクで締めることが難しいのです。

    また、カチっと言った所が規定トルクですのでスピードが速すぎると締まりすぎます。

    締め付けのスピードも気をつけましょう!

    特にエンジンなどの精密さを要求される部分に関してはこのように3回ほどクリックしてから締め付けることをお勧めいたします。

    使い終わった後の収納にもちょっとした事で長く愛用して頂くことができます。

    トルクレンチは金属製ですので気温の変化などで発生する結露などにより痛めてしまう場合もあります。

    そこで、収納はトルクレンチケースにシリカゲル(除湿剤)を入れて保管することをお勧めいたします。

    シリカゲルの寿命がありますので、こまめに取り換えてあげると良いと思います。

    また、食品などに付属されているシリカゲル(除湿剤)でも代用できると思います。

    ○使用後やケースにしまう際は、メモリを最小値にしてからしまってください。

    トルクレンチの内部トルク機構には、組み立て時に永久注油が施されています。

    内部トルク機構には絶対に注油しないでください。

    また、トルクレンチについた汚れは拭き取ってください。
    液体には浸さないでください!

    スナップオン伊賀にトルクレンチチェッカーがありますので、測ってみたいお客様はご連絡ください!

    レンチの保守、較正、および修理には、必ずスナップオンのサービスセンターをご利用ください。

    詳しくはツールズショップ伊賀までご連絡ください。


  • Copy right [C] Tools Shop Iga
    ALL RIGHTS RESERVED

    Powered by AK DESIGN STUDIO