PICK UP ITEM バックナンバー

角度計測機能付き電子トルクレンチ
ATECH2F100BN

■現代の自動車整備に欠かすことのできない条件をクリア

○昨今、トルク管理は自動車生産およびメンテナンスにとても重要な役割を果たします。

自動車メーカーは軽量化および燃費向上を目的にアルミニウム、マグネシウム、合金鋼など軽量な素材を多く採用しています。

これら軽量な素材はエンジン部分のみならず足周りにも多く取り入れられるようになりました。

ひずみやダメージを最小限にし、正しい締結がされるようにパッキンやガスケットを用いますが、その際に個々の適切なトルクが要求されます。

さらに現代ではトルク管理項目が急増しています。例えばトヨタ クラウンの場合、およそ200ヶ所にトルク指定がされ、そのうちの12%程度のトルク+角度締めが指定されています。

それでは、テックアングルトルクレンチの仕様を見てみましょう。

○4種類の警告モード(LCD、デュアルLED、音、バイブ)。

高い設定性:10のプリセットはスリープモード、LCDディスプレイ、キャリブレーション等のカスタマイズが可能。50まで記録保存が可能です。

作動温度範囲が向上:−17℃〜54℃


○設定トルク、角度が順に表示するため、ボルト/ナットから外さずに作業が可能です。

○薄型ボタンで誤作動を防止します。

○デュアルLEDライトにより設定トルクまでの状態を表示します。視野角が広いので、ほとんど作業位置から視認が可能です。

また、24%大きくなったバックライトLCDスクリーンで数値を大きく表示します。

○Snap-on Dual80シールドラチェットヘッドにより、高い耐久性とスムーズな作動、少ないメンテナンスでの使用が可能です。

○持ちやすく滑りにくい、繋ぎ目の無い「モーターサイクルスタイル」ハンドルグリップ

端が広がっているため大きな力を必要とする作業中に誤って手から滑り落ちる心配がありません。

○緩みを防ぐように設計された硬真鍮製のエンドキャップ。

○トルクアダプターを使用して、トルク計測も可能です。アダプターのセンターからトルクレンチのセンターまでの距離を計測します。

○トルクアダプターからの距離をセットヘッドレングスに入力します。

○今回は約30.9mmでしたのでそれを入力します。

○長さを設定すると、オフセット分を計算して適切なトルクで締めることができます。

○プリセット型の2本分の測定能力があります。

○角度制度:測定値の±1%±1度(角速度が10〜180度/秒の時)。

○独自のバッテリーカードリッジスライドでツールを落としたり衝撃を受けた際のバッテリーのずれを最小限に抑えます。

○単三アルカリ電池3本使用で約80時間の連続使用が可能です。

こちらに動画もありますのでご覧ください。


Copy right [C] Tools Shop Iga
ALL RIGHTS RESERVED

Powered by AK DESIGN STUDIO